よく言われてることでもあるんですけど、ストレスをため込んだら太りやすくなっていくっていうあれなんですけど、いくらカーブスを使ってるっていっても、ストレスをため込むようだったらダイエットっていきなりハードモードになってしまいます。

よくストレス太りとかいいますよね。
あれってなんでそうなるかって話ですけど、ストレスって感じると体ではコルチゾールってものが分泌されるようになるんですよ。
こいつの特性が問題で、これは脂肪をため込むように働いてしむんですね。
だから痩せて綺麗になりたいとか思っているんなら、ストレスってものはあんまりためこまないようにしたようがいいってことです。

せっかく食事の量も減らしました、運動もちゃんとやってますって痩せるための条件がそろってるのに、そういうホルモン出してるんだったらいっきにやりづらくなっていきますからね。
でも、これにはジレンマもかかえていて、ダイエットって基本的にやってるとストレスがかかっていくものなんですよ。これにはカーブス料金を使ってるから大丈夫とかそういうのって関係ないんですよね。

その辺は割り切ってくださいね。
食べたいのに食べられないって結構、っていうか人によってはかなりつらいかもしれませんけど、痩せたいならこれはもう耐えるしかありませんからね。

どうしてもだめっていう人がいるんなら、ダイエットホリデーを作ってみるのも手だったりはします。
これってチートデイとか言う人もいるんですが、週に一回くらいは好きなものを好きなだけ食べてもいいって日をつくるっていうあれですね。

これダイエットしてる人にはかなり有効って言われてるんですけど、減量中のストレスをなるべくためないようにする裏技みないなものです。
普段は食べないって我慢しているわけなんですが、そういう時って何かしら心の支えっていんですかね。そういうのがないとつらいじゃないですか。カーブスは別に心の支えになってくれるはずもないんで無視していいですけど、こういったダイエットホリデー作っておけばある意味はげみになるじゃないですか。

その日はもうダイエットしてることとか忘れておっもいっきり食べて飲んでってしてみてください。そんなことしていいのって思うかもしれませんが、これってかなり有効です。

ただこれをやるにもいくつか注意点があって、まずカーブス料金はちゃんと使っておくのは分かると思うんですけど、やるにしても一食だけです。

そして、これ気を付けてほしいところなんですけど、食事自体もさっさと切り上げるようにするってところです。
だらだら長い時間使って食べちゃいけないってことですよ。

ダイエットしてる時にも社会生活止めるわけにもいかないわけなんですから、何かしらのお付き合いってものがあるはずですよね。
どっかに外食に行こうって話になったりですよ。
そういう時はその日をチートデイにあててみてくださいね。
これやるだけでも相当変わりますからね。それとカーブスは忘れずに使うようにすることです。

こういったひと工夫しないとダイエットってものは長続きしないんですよ。一生ダイエットしてるわけにもいかない人のほうが多いはずですからね。

<< 前の記事